ホワイトングは誰でもできるの?~仙台でホワイトニングに力を入れる歯医者 マサキデンタルクリニック~

仙台でホワイトニングに力を入れる
歯医者のマサキデンタルクリニックです。

今回はホワイトニングに関する「ホワイトニングは誰でもできるの?」
という質問にお答えしていきます。

禁忌症(ホワイトニングをしてはいけない場合)には絶対的禁忌、相対的禁忌があります。
また、診断により、ホワイトニング効果が望めない歯があります。

①絶対的禁忌症
ホワイトニング剤にアレルギーがある患者さんや、「無カタラーゼ症」の患者さんです。
無カタラーゼ症とはカタラーゼを持っていない患者さんのことで、

カタラーゼ酵素は過酸化水素(ホワイトニング剤)を分解する働きがありますが、
カタラーゼを持っていない患者さんの場合はホワイトニングを行っても、
過酸化水素を分解できないため、適用外となります。
また、光アレルギーのある方は、オフィスホワイトニングは禁忌症になります。

②相対的禁忌症
妊婦、授乳中の女性は相対的禁忌です。
出産、授乳期間終了後のホワイトニングは可能です。

③不可能な歯(診断によりホワイトニング効果が望めない歯)
エナメル質・象牙質形成不全症、重度なテトラサイクリン変色歯は、
ホワイトニング効果が期待できないことがあるので、禁忌症となる場合があります。

修復物(つめもの)や、補綴物(被せもの)もホワイトニングできません。
ホワイトニングは、天然歯(骨)のみに反応します。
それ以外はホワイトニングできません。

また、ご自身の歯でも、神経がない歯(失活歯)は通常のホワイトニングはできません。
歯の裏から穴をあけて、薬剤を入れて白くする、ウォーキングブリーチという施術になります。
その場合は、一度診断し、その施術が可能かどうか判断してからのスタートとなります。



以上のようにホワイトニングは全ての患者様に対して
施術できるというわけではありません。

もし「私ってホワイトニングできるのかな?」と不安に感じられる方は
一度当院にお問い合わせください。