オペ室の必要性について ~仙台でインプラントに力を入れる歯医者 マサキデンタルクリニック~

仙台でインプラントに力を入れる
歯医者のマサキデンタルクリニックです。

インプラント治療は、身体の中に生体外物質であるインプラントを移植する手術になります。
なので植立するインプラントはもとより、手術器具等の滅菌レベルが非常に重要になってくるのです。

一般の診療室で感染の危険性なく安全性の高い手術を行うことは難しいです。

しっかりとオペ室を整え、無菌状態に近い環境体制の医院であることが安全性の高い医院選びのひとつの基準と言えます。

マサキデンタルクリニックのオペ室は“院内感染を起こさず適切な手術を行う”ということに基づいて設計されています。

無菌の空間を整え、滅菌された手術器具がすべて手元にそろっている状態を創りだすことがインプラントの成功率を上げるためには非常に重要なことです。

こうした安全を第一に考える院内体制作りで、地域の患者様に安心してインプラント治療を受けていただけるよう努めています。