矯正

btn_sr

●見えない矯正で理想の歯並びを!

矯正歯科とは、一般的には悪い歯並びをきれいに治す治療のことをいいます。
しかしながら、ただ、歯並びの美容的な改善をするだけではなく、発音障害を改善すること、前歯で食べ物をしっかりとかみ切ることや奥歯で食べ物を噛み砕くこと、全身とかみ合わせのバランスを調整すること、歯のガタツキをなくすことにより歯の清掃性を良くして、歯の寿命を延ばすという予防的な効果も持ち合わせております。
さらに、成長期のお子さまには、顎、顔の適切な成長発育を促す効果もあります。矯正治療とは、数多くの治療効果をもちあわせる歯科治療の一分野なのです。

●矯正治療へのこだわり

「決して無理なことをしない」ことに当院はこだわって矯正治療を行っております。
お子様の場合 乳歯の間にうまく誘導してあげると矯正治療が必要ない場合もあります。逆に早い段階で直しておかなかったために問題が大きくなり、治療にかなりの時間を要する場合もあります。
装置を付けて治すだけが矯正治療ではありません。お子様のために早い段階でのご相談をおまちしています。

また、最初に治療計画を立てるとき、なるべく非抜歯矯正治療( 親知らず以外の永久歯を抜歯しないで矯正する治療 )で行えるように取り組んでおります。
しかし、非抜歯を「原則」とはしておりますが、何でもかんでも全ての症例が、非抜歯で治療できる訳ではありません。
本来抜歯を適応すべき困難な症例の非抜歯矯正治療に取り組むと、治療後の予後、安定やお口の出っ張り具合を考慮すると、無理をして非抜歯矯正治療をおこなってはいけない症例や、将来的に患者様の利益にならない症例があります。

「決して無理なことをしない」・・・つまり、無理に矯正をしないことや、無理に抜歯をしないという矯正にこだわりすぎないこと。このように患者様本位の歯並びの改善を当院は心掛けております。ご自身の歯並びが気になる方やお子さまの歯並びが気になる親御さまはぜひ当院にご相談ください。

●矯正治療メニュー

矯正は目立つからイヤ…という方も多いかもしれません。
当院ではそんな方のために、見えない矯正をご提案させていただいております。

マウスピース矯正(インビザライン)

世界中で多くの患者様に使用されている「見えない矯正」治療装置であり、最先端矯正装置として注目を集めております。
右下の写真のような透明な「マウスピース」を用いる矯正方法となります。

マウスピース矯正(インビザライン)の主な特徴

  1. 見た目に良い
    やはり矯正というと金属のワイヤーのイメージが強く、歯並びが気になっていたとしても、なかなか矯正治療に踏み切れない方は少なくないと思います。マウスピース矯正ではワイヤーを使用しない為、従来の矯正器具に比べ、見た目には付けているのがほとんど分かりません。

  2. 違和感・痛みが少ない、しゃべりやすい
    金具や針金を使用しないため、装置の周りの粘膜や舌への痛みが生じることはありません。また、咬んだ時にマウスピース全体に力が分散するため、動かしている歯の痛みをほとんど感じません。
    新しいマウスピースに交換した直後は痛みに近い、締め付けられるような感覚がありますが、数時間程度で消失します。

  3. 取り外しができて、食事・歯磨きが楽ちん
    マウスピースは取り外し可能なので、歯磨きやフロスも普段どおり行えます。 その為、口腔内を清潔に保てます。
    マウスピースも簡単に洗浄ができ、いつも綺麗に保つことができます。
    又、従来のワイヤータイプの矯正装置と違い、食事の時にマウスピースを取り外せるので、普段と変わらない食事が楽しめます。


裏側矯正

裏側矯正(舌側矯正)とは、従来の歯の表側に装置を付けて矯正治療をするのではなく、歯の裏側に装置を付けて「人に気付かれることなく」行える矯正治療です。
人前に出るような審美的制約の多い職業の方や通常の矯正装置を付けることで、装置が見えるのが恥ずかしい、人前では笑えない、他人に矯正治療を知られたくないとお考えの方には理想的な治療であるといえます。

裏側矯正の主な特徴

  1. 装置が見えない
    歯の裏側に装置を付けて治療を行うので、周りの人にほとんど気づかれません。矯正をしていることを知られたくないという方は少なくないので、そういった希望に沿うことのできる理想的な治療法であるといえるでしょう。

  2. 虫歯になりにくい
    歯の裏側は常に唾液が循環しているため、唾液の静菌作用、殺菌作用により虫歯を作る菌が増殖しにくい環境にあります。

  3. 歯の表面のダメージがない
    矯正装置除去時に歯の表側のエナメル質にひびが入るような傷(エナメルクラック)をつけてしまうことがあります。裏側矯正(舌側矯正)の場合は装置が歯の裏側に付くため、歯の表側に傷を与えることなく治療ができます。

  4. 前歯を引っ込めやすい
    歯の隙間を使って前歯を後方に下げていくときどうしても固定源となる奥歯が前方に移動してきてしまい隙間を使ってしまうので、前歯をしっかりと引っ込めることができなくなります。
    しかし、裏側の治療の場合はこの奥歯が前方に動きにくいので、前歯をしっかりと引っ込めることができ、横から見た口元が美しく仕上がります。

クリアブラケット

従来は金属製の装置を装着していたため、装置がどうしても目立ってしまうというのが患者さんの悩みでした。そんな患者様の声を受け、考案し開発されたのが「クリアブラケット」です。
歯列矯正には幾つかの方法がありますが、現在世界的に最も一般的な方法はマルチブラケット法です。
マルチブラケット法とは、「ブラケット」という装置を動かしたい歯の表面に装着し、ワイヤーを通して歯列を整える方法です。

クリアブラケット矯正の主な特徴

  1. 目立ちにくい
    透明感のある素材でできており、様々な色調の歯と調和するため、ブラケット装置そのものが目立ちません。 またクリアブラケットと新開発の材料「クリアスナップ」を併用することで、より目立たなくなります。

  2. 痛みが少ない
    非常に弱い力で歯を動かして矯正を行うことにより、歯の移動にともなう痛みが大幅に軽減しました。

  3. 治療期間が短い
    ブラケットとワイヤー間の摩擦を低減したため、歯の移動がスムーズになり、治療期間も短くて済むようになりました。

  4. 日本人にフィットする
    クリアブラケットは欧米人に比べて歯や顎の小さい日本人のために国内で開発されました。 そのため、生体に無理なく歯列矯正を進めることが可能です。


インプラント矯正

一般に用いられているインプラントは、顎の骨に人工歯根を入れて、その先端に人工の歯を付けて歯の代わりをさせることを意味しますが、矯正で用いるインプラントの目的はまったく異なります。

これまでの矯正治療では、奥歯の位置を固定するためにヘッドギア(ゴムベルトで口の外から大臼歯を奥の方に引っぱる)のような方法がとられ てきました。しかし、ヘッドギアは装着したまま外出しづらいなどの制限があり、また患者さんの協力度によって結果は大きく左右されました。

矯正用インプラントは、小さなインプラント体(最近はミニスクリューインプラントと呼ばれる小さなネジが主)を歯ぐきにねじ入れ、これを土 台(固定源)にして前方の歯を動かしたり、場合によっては奥歯をさらに奥へ移動することも出来ます。なお、インプラント挿入時には麻酔をしますので痛みは なく、また、インプラント撤去時は麻酔無しで痛みもまったくありません。

インプラント矯正の主な特徴

  1. 歯の移動効率が高く治療期間を短縮できる
    骨にねじ込まれた矯正用インプラントを固定源として歯を動かすため、奥歯に負担をかけません。その結果、より確実で精度の高い治療を効率的に行うことが出来ます。

  2. 難しい症例にも対応できる
    従来の矯正装置では限界を超えていた歯の移動が可能になりますので、治療が難しかった重症の症例にも対応ができます。開咬(上下の歯が部分的に咬み合わず開いてる症状)などは典型例です。

  3. 治療方法が今までと変わる
    従来なら抜歯をして治療を進めたような症例でも、インプラント矯正では、歯を抜かずに済んだり、また、今まで外科的治療が必要であった症例でも、手術を回避できることがあります。