インプラント

btn_sr

●インプラント治療に対するこだわり

当院のインプラント治療に対するこだわりは、「安心・安全のインプラント治療を行うこと」これに尽きると言っても過言ではありません。
2012年の1月にNHKのクローズアップ現代という番組でインプラントに関する報道がありました。
この報道があってから患者様に「本当にインプラント」って大丈夫なの?と聞かれる機会が増えました。
確かに報道ではインプラントのデメリットが主に放送されていましたので、患者様が不安に思うのも無理はありません。実際ずさんな治療を行っていた歯科医院があったことも事実です。
だからこそ当院では患者様に安心・安全のインプラント治療を提供することを使命であると考えていますし、患者様にも当院でしっかりとご自身のお口を任せる医院として相応しいか見極めていただきたいと考えております。
当院では0.1 %でも治療の成功確立を高めるために、術前に院内設備であるCTを用いて、患者さんの骨の状態や硬さをお調べします。これにより今までのレントゲンのみでは分からなかった歯の状態や骨の位置、神経の位置等、あごの解剖学的構造を3次元で把握できるので、精密な位置にインプラントを埋入することができます。
術前に十分な骨の診査をしておくことでインプラントの処置もより安全にスピーディーに行えます。
また骨のないところには特殊な骨をつくる処置や鼻の空洞をもちあげてインプラントを入れる処置など、今までであればインプラントが施せなかった患者様でもインプラントを入れられるように様々な方法でインプラントを埋入することもできます。
大学病院等にわざわざ行かなくても、当院で最先端の治療を行えるように、常に新しい技術や情報をとりいれながら、患者様にあったインプラント治療を提供させていただきます。

●当院だからできるインプラント治療

歯科用CT

インプラント治療を行う際には、歯の状態や骨の位置、神経の位置等、あごの解剖学的構造を把握しておく必要があります。従来のレントゲン撮影ですと、「お口の中」「歯」という立体的なものを、あくまで平面的に見る事しかできませんでした。 当院では、お口の中の状態を立体的に把握できる歯科用CTを設置しております。歯科用CTの撮影により、歯の状態や歯槽骨(あごの骨)を、立体画像で確認することができ、従来より正確な診断が可能になりました。これにより、患者様に的確な治療計画をご提供することができます。
<詳しくは「最新設備を用いた精密治療」をご覧ください。>



フラップレスインプラント

フラップレスインプラントとは通常のインプラントとは違い、歯ぐきを切開・剥離することなく小さな穴をを開けてインプラントを埋め入れる治療法です。切開しないので、痛み、腫れ、出血がほとんどなく、治癒期間が短いのが特徴です
この低リスク・低侵襲(ダメージの少ない)の治療を進める上で大いに役に立っているのが、このノーベルガイドと呼ばれる『型』でしょう。これは歯科用CTスキャンを用いて撮影したデータを元に患者様のお口の状態を正確に反映し作製されます。この型には穴が空いており、その穴に人工歯根(インプラントの土台)を埋め込むドリルを通すことで、正確に人工歯根を埋め込むことができます。つまりノーベルガイドが治療成功へのレールを敷いてくれ、後はそのレールどおりにドリルを通すだけで治療を成功に導いてくれるのです。



このように最新の設備である歯科用CTや解析ソフト、またそのデータを元に作成されるノーベルガイドを用いることで、患者様にとって負担の少ない治療を“見える形”で提供できるようになったということが一番の成果だと感じています。今まではレントゲンやCTの写真を使って、口頭で「ここをこのように治療します」ということを伝えていたのですが、解析ソフトを導入したことで、“口の中のどこの位置に”“どれくらいの長さの人工歯根を”“どれくらいの角度で”埋めるかが一目瞭然で分かります。これで患者様の精神的負担はかなり軽減されたと思います。愛する自分の家族にインプラント治療をする際に受けさせてあげたい理想の治療を、患者様に提供できるようになったと実感しています。



オペ室の完備

当院では、インプラント治療の際に使用するオペ室を完備しております。
設備の整ったオペ室でインプラント治療をする事で、以下のような多くのメリットがあります。

  • 清潔・不潔領域の明確化により、術中に起こり得る感染のリスクを 最大限排除できる
  • 完全個室でオペ室にしているため、治療に専念できる環境が整っている
  • 術中に起こり得るあらゆるリスク要因への対応を、オペ前に準備でき、もちろん即対応も可能となる
  • 術者、患者様双方にとって、設備の整った環境で治療が行われるという安心感が得られる
インプラント治療の場合は、口腔外から口腔内へ人工歯根を挿入する処置が主になります。
殺菌されたものとはいっても体内に半永久的に異物を入れるので、感染のリスクと成りかねないハード面(設備)の問題は、徹底的に取り除くことが必要不可欠であると考えています。
歯科医院の診療室では、歯を削ったものが舞っている状態です。一般の診療の傍らでインプラント治療のオペを行うことには、多くの問題を秘めています。
清潔なエリアにすることによる感染防止対策はもちろんのこと、個室空間、専用の機器を整備することにより、術者、アシスタントの動きにも無駄がなくなり、非常にストレスのかからない安全な治療が行えます。



●骨の再生治療が必要な方へ

当院では他の歯科医院で骨量の問題でインプラントが不可能と宣告を受けた患者様でもインプラント治療を受けられるように、様々な骨再生治療を行っております。

GBR

GBRとは「骨を誘導し再生させる」という意味で、インプラント治療を行う際に歯茎付近の骨量が外傷や歯周病などで失われてしまい骨の厚みが不足した際に用いる骨増大法の事です。



サイナスリフト・ソケットリフトとは

上顎の奥歯の上には副鼻腔といわれる空洞「上顎洞」(サイナス)があり、この空洞は個人差も大きく、年齢によって徐々に拡大する傾向にあります。そのため今までは、上顎の骨の厚みが足りない方の場合、インプラントを行うことができませんでした。

しかし、今では、上顎の骨の厚みが不足している方でも、インプラントを行える技術が開発され、実際に臨床で活用されています。

サイナスリフト

サイナスリフトとは上顎の骨が薄い場合、骨造成によりインプラント治療を行う方法です。
こちらは主に、上顎の骨が痩せてしまってソケットリフトが行えない場合に選択される方法です。

歯を失うと、上顎洞(サイナス)がどんどん骨を吸収し、インプラントを埋め込むことが出来なくなります。
そこで、右の図のように骨を造成して上顎洞(サイナス)を上へ押し上げていきます。
サイナスを上押し上げていく治療法から「サイナスリフト」と言います。



ソケットリフト

ソケットリフトとは上顎洞までの骨の高さが不足しているため専用器具を用い押し上げる方法です。
インプラントを埋入する部分に、骨のもととなる物質を入れて、少しずつ上顎洞粘膜(シュナイダー膜)を押し上げていきます。



●インプラント治療とは

歯を失ってしまった、抜けてしまった部分などの状態の際に、人工の歯を埋め込む治療を指します。最近「インプラント」という言葉は一般的になってきているので、ご存知の方も多いと思います。

歯を埋めるということは痛い、怖い・・・などの不安もあることと思います。 しかし「インプラント」とは、何かを「埋める」ことを意味する言葉で、医学の世界では整形外科の人工関節などを骨に埋め込む治療で多くの実績があります。
歴史的に人間は、失った自分の体の一部を何かで補うことを考え続けてきました。歯においても40年以上の臨床実績があり、安心していただけると思います。

●従来の治療法との比較

ブリッジ治療

ブリッジの欠点は、なんといっても、「両隣の健全な歯の寿命が縮まる」点が挙げられます。
ブリッジは、失った歯が1~2本と比較的少ないときに行う治療法です。失った歯の隣にある健康な歯を削って支台とし、連結した人工の歯を橋のようにかけますので、基本的には最低3本が1セットとなります。つまり、ブリッジ装着時に、当然、両隣の歯を削らなければなりません。削ると歯の寿命は短くなります。また3本分の噛み合わせの力を2本分で支えるために、両側の歯への負担が大きくなります。これもやはり歯の寿命が短くなる要因のひとつになります。
右の図のように、両隣の2本に、3本分の力が加わることになりますから、当然、今まで以上の負担がかかります。



義歯治療

歯を失ったときに行う治療のうち、今まで最も多かった治療は、この部分入れ歯でした。
入れ歯は、歯肉の上から歯をかぶせたりするだけですので、異物感があったり、味覚や触覚が損なわれ食事を美味しく食べられないことなどのデメリットがあります。また加齢とともに歯肉がやせ、入れ歯が合わなくなるケースも少なくありません。

このように部分入れ歯のデメリットは、「見た目が悪い」「噛む力が弱まる」「顎(あご)の骨がやせることで歯並びが悪くなる」など色々とありますが、一番大きいデメリットは、「残っている歯に大きな負担をかけ、寿命を縮める」ことです。
右の図のように、部分入れ歯は、歯と歯肉が混在しており、力がかかるとおのおの沈み込み(被圧変位)が違うため、その差がバネにかかる歯を駄目にします。また、歯肉(顎堤)を吸収し続けます。



ブリッジや部分入れ歯治療を進めていくと…

部分入れ歯にしてもブリッジにしても、両隣の歯に負担をかけることは、ご理解いただけたと思います。
「負担をかける」とは、「両隣の歯もダメになる(=抜歯する)」ことに繋がるわけです。
つまり、部分入れ歯やブリッジが、隣の歯をダメにし、さらに大きな部分入れ歯やブリッジにすると、さらにその隣の歯がダメになる…。
それを繰り返すと、「総入れ歯」になってしまうわけです。

これが、今までの歯科治療の限界でした。
「誰でも年をとれば、入れ歯になるのは仕方ないね」と思う方が多いかもしれません。
実は、この常識は、世界(特に欧米)では、非常識なのです。
そう、その解決法が、インプラントになります。

「人目を気にせず食事をしたい!」
「もう一度自分の歯で噛みたい!」

こんなご希望をお持ちの方は、ぜひ当クリニックにご相談ください。インプラント治療に関する疑問や不安に丁寧にお答えします。

●インプラント治療のメリット・デメリット

インプラント治療には多くの長所がありますが、その反面いくつかの短所もあります。
また、インプラント治療は外科手術を伴いますので、患者様が手術可能であるかどうか、全身的な健康状態や骨の状態など、より精密な検査が必要になります。信頼できる医師のもと、正しい治療計画に基づき、適切な治療を進めることが重要となります。

インプラントのメリット

  • 天然歯の噛み心地
    インプラントの構造は従来の治療法に比べ天然の歯に近いので、固いものや粘性のある食べ物もおいしく食べることができます。また、入れ歯のように器具が口の中を覆うこともありませんので、食べ物の味や舌触りなどを損なうこともありません。
  • 一本から全歯欠損まで治療可能
    インプラントは欠損部分だけを補うことができる治療方法です。独立した構造をしているので、ブリッジや入れ歯のように他の部位に負担をかけることはありません。
  • 審美性に優れている
    たとえば、入れ歯などではバネのような露出した部分が見えてしまうことがありますが、インプラントは見た目が自然で金具が露出した部分がありません。大きな口をあけて笑っても他人に気づかれることはありません。
  • 特別な手入れが不要
    人工歯根は顎の骨と直接結合しているので、取り外してのお手入れは全く不要です。日常のお手入れは天然の歯と同じように歯ブラシで毎食後にブラッシングするだけです。入れ歯のように食べ物が挟まって不快感を感じることもありません。

  • インプラントのデメリット

    • 治療ができない場合がある
      インプラントは手術が必要な治療ですので、誰にでも治療ができるわけではなく、重度の糖尿病の方や全身疾患がある方など、インプラントができない場合があります。
    • 治療期間が長い
      インプラントと顎の骨が結合するまでに時間がかかるため(約6週間以上)、治療完了までの期間が他の治療方法に比べて長くなります。
    • 治療費が高い
      インプラント治療は自由診療となりますので、保険適用の治療に比べて治療費が高くなってしまいます。

    • ●ノーベルガイド・クリニシャン

      当院のインプラント治療は安心・安全を第一に心掛け、治療後はよく噛めて、綺麗な歯が入ることを目的としています。

      安心・安全

      インプラントという言葉が普及し、治療を希望する患者様も増加してきました。それに伴い、インプラント治療を行う歯科医院も増加しています。
      当院でのインプラント治療は、安心・安全に手術を行う為にCTスキャンのデータをもとに割り出した位置・角度に正確にインプラントを埋入するよう導いてくれる「ノーベルガイド」という模型を用いて手術前にしっかりとシュミレーションを行います。
      このガイドを用いることで歯肉を切開、縫合をしないフラップレスインプラント治療で痛み、腫れ、出血がほとんどない低侵襲の治療により患者様への負担を軽減します。

      ノーベルガイドは、個別に作製されたサージカルテンプレートとガイディッド外科用インスツルメントを使用することで、計画から補綴物装着までをサポートする確かなコンセプトです。

      補綴主導のインプラント埋入計画

      • ノーベルクリニシャン・ソフトウェアで、プランニング・プロセスのクオリティと効率性が向上します。
      • 安全かつ迅速な治療計画をサポート


      信頼性の高いインプラント埋入

      • ノーベルガイド・キャリブレーションを行うことで、治療計画の正確性が高まります。
      • ノーベルガイド専用のコンポーネント/インスツルメントは、個別製作のサージカルテンプレートと共に使用するよう設計されています。


      広範囲な補綴の選択肢

      • スタンダード製品からCAD/CAMテクノロジーを用いて個別に制作された補綴物まで対応。
      • 単独歯から無歯顎の修復まで、幅広い症例に対応します。


      噛める

      これまで歯のないところの治療は、部分入れ歯や総入れ歯で補うのが主流でした。
      しかし、入れ歯を入れてても噛めない、痛い、異物感があるといった不具合を訴える方が多くいらっしゃいます。
      入れ歯は歯肉の上に乗せているだけなので、力を入れて噛むということはできません。
      そこで、しっかりと噛むことができる治療法としてインプラント治療があります。
      歯のないところに人工歯根を埋入して、その上に人工歯をかぶせる治療方法です。
      しっかりと固定され、“第二の天然歯”と呼ばれる程噛み心地が良く、お手入れも自分の歯と同じで更に残っている周りの健康な歯に負担をかけません。
      インプラント治療で自分の歯と同じような噛み心地を手に入れ、もう一度しっかり噛めるという喜びを取り戻しましょう。

      綺麗

      歯がないところをどうにかしたい!でも、治療するなら見た目も綺麗に治したい!虫歯によって歯を失いその後の治療方法をどうしたいかと問われた時、そう思う方が多くいらっしゃいます。
      方法として入れ歯、ブリッジ、インプラントの3つがありますが、部分入れ歯の場合は金属のバネが目立つため審美性に劣り、噛み心地や異物感が気になってきます。
      また、ブリッジにする場合、隣合っている健康な歯まで削ることになってしまうので周りへの負担がかかります。
      そういった不安を解消してくれるのがインプラント治療です。
      人工歯根を埋入し、その上に人工歯をかぶせる治療で天然歯とほとんど見分けがつきません。
      また、歯並びを良く見せてくれる効果もあるので、素敵な口元になりたい方にはおすすめの治療法です。
      インプラントは天然歯と同じように食事ができるので、ストレスなく食事を楽しみ、見た目が良く綺麗な歯で笑顔にも自信が持てます。
      毎日笑顔でいたくなるような綺麗な口元を目指しましょう。

      治療前 治療後

      ●当院でインプラント治療を受けた方の声


      Voice01男性

      Voice02男性(40代)

      Voice03女性(30代)



      Voice04男性(50代)

      Voice05女性(60代)




      「インプラント治療症例集」はこちらをご覧ください。